従業員の人命を守る

従業員の人命を守る | by hatsudenad
9月 06 2012 年

情報収集を行なうということは、それぞれの災害に対してどの程度の危険度があるのかを把握することが可能になるということです。まずは、優先するべき項目である、従業員の人命確保の準備をするようにしてください。
災害が発生した場合、その可能性が高いと思われる場合には、避難をするか、そこに留まるかの二択になります。災害ごとに、基本的な対応が変わってくると思いますが、その基本を考えておきましょう。前提としては、自分の命を守るということです。その上で、危険を冒さず安全を確保します。
この投稿の続きを読む »

ガス電くん

ガス電くん | by hatsudenad
11月 16 2012 年

汎用のLPGボンベを使って発電が可能なのが、ガス発電機というものです。停電が起こった場合、災害などの場合には自動で起動をして、独立電力の供給が可能になります。電力が復旧した際、自動で停止することもできます。

これは、ガス発電機によって電力供給が行なわれるため、LPGボンベの補充をしていれば、長時間の停電の場合でも対応をすることができます。一日という時間、一般事務所一棟、戸建住宅二軒分を、カバーすることもできます。
この投稿の続きを読む »

ポータブル発電機

ポータブル発電機 | by hatsudenad
11月 09 2012 年

小型のエンジンを用いて、1kw以下から6kw以下までの発電が可能なのが、このポータブル発電機です。ポータブルという名前の通りに、持ち運びをすることができるのが、大きな特徴になっています。
この投稿の続きを読む »

企業の情報・資産を守る

企業の情報・資産を守る | by hatsudenad
11月 02 2012 年

会社にとってまず行なうべきは従業員の人命を守るということになります。しかし、その次に行なうべきこととして、会社の資産や情報を守るということになります。情報は、災害のときの準備用品リストの中で、重要書類の選定や持ち出し、セキュリティー対策という部分に関係しているところです。
企業にとって大事なものは、情報であるというところに疑いはありません。災害が起こった場合には、その会社にとっての資産である情報を、いかにして守り抜くかということが考えなければならないことです。それを取り出しできるような状態にしておくこと、移し変えが可能な状態にしておくこと、こういったことは当然求められることになります。最重要な項目は、情報機器に対しての過信をしないようにする、ということですね。PCやサーバーなどは、水や雷や火災、熱といったものに非常に弱くなっています。その性質を理解したうえで、まずは社内と社外にバックアップを取っておくことは当然求められることです。
この投稿の続きを読む »

発電機の組み合わせ

発電機の組み合わせ | by hatsudenad
10月 26 2012 年

発電機やUPS,無停電電源装置を組み合わせることによって、電力供給が止まってしまった際には、重要なシステムに対しての電力供給を行ないます。
この投稿の続きを読む »

発電機の活躍

発電機の活躍 | by hatsudenad
10月 19 2012 年

東日本大震災によって停電が起こり、また東京電力によって計画停電が行なわれたとき、公共施設であったり通信設備、病院などの、一日中停止をすることができない施設に対して、必要な電力を供給しました。
この投稿の続きを読む »

発電機とは?

発電機とは? | by hatsudenad
10月 12 2012 年

電磁作用によって、機械的なエネルギーを電気エネルギーに変換することで、電力を得ることができるという機械のことです。
直流発電機の場合には直流になり、交流を得るのであれば同期発電機、誘導発電機になります。
この投稿の続きを読む »

災害対策の為の情報収集

災害対策の為の情報収集 | by hatsudenad
10月 04 2012 年

災害が起こったとしても、慌てずに適切な対応をするようにしてください。そのためにも、情報収集をしてそれを共有するということはとても大事なことになります。また、従業員同士の連携についても非常に大切なことになります。
災害対策チームの設置をするということが求められることになります。総務、保守、経理、営業などの災害が起こったときに情報共有をしておくことが求められる部署から、担当者を集めておきましょう。もし従業員が少ない場合には、全員で情報共有をすることが望ましくなります。
また、会社に関連する土地の情報についても理解しておく必要がありますね。本社はもちろんですが、支社や工場や倉庫、製品であったり部品の調達先、サーバーの設置場所であったり駐車場、従業員の自宅、通勤手段などについての把握が求められることになります。こういったものの、緊急の連絡先リストを作っておくと便利です。
また、災害ハザードマップを使うことで、こういった項目についても調べてみてください。津波、洪水、地震、液状化、浸水などが主なハザードマップになります。緊急連絡先、場所のリストアップも必要です。
この投稿の続きを読む »

地域を守る。企業の地域貢献

地域を守る。企業の地域貢献 | by hatsudenad
9月 27 2012 年

従業員の人命を守るということは第一のことですが、その次に大事になることは情報や資産を守ることになります。そして、その際に備蓄の物資であったり発電機の容量に余裕がある場合には、地域貢献を考えることもできます。
会社の建物は非常に丈夫にできているということが大半のケースです。そのため、会社が無事であり、周辺の住宅で被災者が出ている場合には、地域貢献を行なうようにしましょう。
この投稿の続きを読む »

災害時の準備用品リスト(会社用)

災害時の準備用品リスト(会社用) | by hatsudenad
9月 20 2012 年

人命を優先して三日間生き延びるということを考えた場合、家庭用と同様のものになります。
会社の場合には、それ以外にも守るべき様々なものがあります。例えばその中に含まれることになるのは情報です。情報の中では、顧客の情報、取引情報などは会社にとって生命線ともいえるものです。これが無事であれば、営業を再開することもそこまで難しいことではありません。しかし、これが失われてしまうことになると、営業の再開についてもとても影響が出てしまうことになります。災害の際でも、データが紛失してしまったり流出をするということがないように気をつけるべきであるといえます。
東日本大震災の際には、放射能の影響で一斉に避難を開始した地域もありました。そして、そこでは空き巣が発生することもありましたが、その場合に金銭や商品だけではなく、PCごと盗まれてしまったというケースもあります。
その際、取引先の情報が流出してしまうと問題になります。震災を理由にして、データが流出したということについていいわけをすることはできないのです。そのケースを導かないように、会社自体が危機管理を行なっておくことが重要になります。それが、最終的に会社の信頼につながることでもあります。

必要となるのは電源の確保、そして発電機の設置ということになります。
災害の際には、停電の可能性は非常に高くなります。停電になり、電気の供給が行なわれなくなれば、当然PCは動かなくなります。PCが動かなければその中のデータを取り出すということもできません。そして、災害についての情報収集を行なうこともできなくなり、対応が大幅に遅れていくことになります。停電の対策として、発電機を自社で設置することも非常に有効なことになります。
次に、情報発信手段の確保をするということも大切です。
この投稿の続きを読む »

Copyright c 2012 発電機から防災対策 | 火災、停電、地震の災害からお家を守ろう!. All Right Reserved.